婚姻までのプロセス

一生に一度の事だからきちんと決めたいプロポーズの瞬間

今や色々な形のライフスタイルが認められている昨今ですが、それでもやはり婚約や結婚は緊張感をもって臨むものでしょう。
婚姻関係というものは、今まで他人だった二人を夫婦、家族にする人生の一大事なのですから。その証となるのは婚約指輪、そして結婚指輪。
経済状況に合わせて結婚指輪だけというのも勿論アリですが、プロポーズの際に指輪を一緒に贈られるというのは、やはり感動的な瞬間になります。
互いに幸せになるための覚悟を持って小箱を開いて、そこから輝く宝石を戴いた婚約指輪が現れた瞬間。それは二人が今後過ごす中でも大事な思い出となるでしょう。
シンプルな言葉でも愛を伝えてください。伝えられてください。素敵なプロポーズの瞬間から二人の結婚に至る道のりは始まるでしょう。

婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪は永遠を象徴するダイヤモンドがあしらわれているのが定番です。金や銀の指輪に立て爪に支えられた宝石が輝くデザインというのは定番中の定番でしょう。それに比べて、結婚指輪は婚姻を実際に結んで家庭に入る、落ち着きを得ることを表すためや家事などに対して邪魔にならぬよう、よりシンプルな形になります。
宝石があしらわれていない指輪であったり、指輪にほぼ一体化したように小粒の宝石があしらわれていたりします。
目立たぬように、それでもきちんと存在感を放つことが結婚指輪の特徴かもしれません。
婚約期間中は結婚に至るまでの華やぐ心を表すかのように、煌めく宝石が主役となるデザインが婚約指輪。実際に婚姻を結び、家庭に入った後は落ち着いた中で存在感を放つ指輪が主役となるデザインが結婚指輪。そう考えると、それぞれの指輪の存在価値はより強いものになるかもしれません。

婚約指輪を銀座で探す場合、ワンランク上の商品を豊富に取り揃えるショップでこだわりの商品選びができます。

© Copyright Wedding Shop. All Rights Reserved.